スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2011年02月18日

看板犬?


木城にあるタイ料理店「南の村」の看板犬?です。
カメラが嫌らしく目線を合わせてくれません・ミックス犬(雑種ともいう)でかわいいです。
  
タグ :


Posted by まみかあさん at 09:10

2011年02月18日

天空カフェジールにて

 先日天空カフェジールであったホメオパシーの勉強会にはじめて行ってきました。
ほぼ自己流でやってきたのですが出産も控えてるし日程的に大丈夫だったので楽しみに参加したのですが、ついたそうそう同級生に再会したり、友達の友達がまたつながってたりとシンクロから始まりわくわくでした。
思っていたより参加人数も多く、講座の熊本から来られた先生は親しみやすく楽しいお話でした。初めての参加も多かった事もありレメディのくわしい説明よりもホメオパシーとはなんぞや?の部分やマスコミでたたかれていた事もあったのでそのへんの事を面に話してくださいました。
 一部本からの抜粋ですが・・・
 
限界に近づいた心は、そのままでは爆発してしまいます。こだわりが生命エネルギーの自然の流れをせき止めてしまうからです。爆発させて流すのも一つの方法には違いありませんが、こだわりを持っている限り、また流れの停滞が生じます。
こだわりの心そのものを手放すことができれば一番よいのですが、それはなかなか起こりません。そこには気付きが必要ですが、それは頭で理解して得られるものでもありません。苦しみ中からしか得られないものです。
 体を病むというよりは心を病んでる方が多く、病気は心から始まるのだというホメオパシーの原理を実証しているようです。
ホメオパシー療法の妙は「こだわらない、とらわれない、カッパエビセン」のような自然体に戻ることです。感情は沸き上がっては流し、沸き上がっては流し出していれば、爆発することはありません。ホメオパシーでそれができます。下界に心乱されるのを止めるには、とらわれている心そのものを解き放つしかありません。それには、とらわれている自分自身を見る(気付く)しかありませんが、とらわれた苦しみの中で、ホメオパシーの同種のレメディが助けになります。

この中の苦しみの中からしか得られないという文があるのですが・私が思うにだれでもトラウマを持っているし、生き抜いていくために感情にふたをして自分でも一見忘れているような事があると思います。だけど潜在意識はちゃんと覚えているのでその傷ついた自分(インナーチャイルドになるかな)に気付いて感情を味わって解放させる。その作業が苦しみと書いてあるのだと思います。 まわりのせいや人のせいにするのは自分は悪くないという事なのである意味楽な事かもしれませんが自分の人生においてこれは改善したい・いつも同じパターンになるのを辞めたい!と強烈に思う時は自分のインナーチャイルドを癒すタイミングだと思います。この癒す一つのツールとしてホメオパシーがあると思うのが私の意見です。
誰だって本当の自分にむきあって昔の傷をさぐるのは恐いし不安だと思いますが、いったん気付いて解放させてしまえばなんであんな事にこだわってたんだろう・とか、あ~本当はこう思ってたんだ~とか物事に対しての執着というかこだわりが消えて生きるのが楽になっていきます。
ホメオパシーの場合は金額はかかりますがちゃんとホメオパスの方に相談してすすめていけばいいし、私の場合はEFTがあってるな~と思いますが人それぞれにあった癒しのツールで自分の人生楽しくこだわらずに楽~に生きていけるとよいなと思います。 だらだらと長くなりましたがこのへんで・・・・。  


Posted by まみかあさん at 09:05
QRコード
QRCODE
プロフィール
まみかあさん
 セラピストをしているkimichanです

9歳と4歳の娘と1歳の息子の母としての日常からスピリチュアルなことまで感じる事をありのままブログしています。


30分3000円でカードリーディングやカラーセラピーなどしておりますのでセッションご予約の方は
メール  kimichan8803@gmail.com までご連絡ください^^
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter